今日という旅

毎日、毎日が幸せではない。でも幸せなことは毎日ある。

タイ料理でタイを旅した気分に

いつかはバックパックを背負い、アジアを周遊してみたい…。

その中でもタイという国は、ぜひ行ってみたい国のひとつです(ちなみにダントツの1位はインドです)。

 

何と言ってもバックパッカーの聖地、カオサンロード。

そして仕事でもプライベートでも、もちろん旅でも愛用しているトラベラーズノートの生まれ故郷、チェンマイ

数々の寺院や、水上マーケット、チャイナタウンなど、魅力的なことこの上ありません。

 

しかし、現実はそんなに甘くありません。

押し寄せる仕事の波。。

寂しい懐具合。。

 

妄想が激しくなっていたたまれなくなった日には、熱い思いを冷やすためにタイ料理屋へ。

 幸いご近所に、美味しいタイ料理屋さんがあります。

 

まずは当然、「チャーンビール」で喉を潤します。

その国の料理にはその国のお酒。

基本ですよ、基本。

 

ビールにはおつまみ。

お店の一番人気は、「パッキーマオガイ」という、生胡椒と鶏肉の野菜炒め。

スパイシーな味。

 

f:id:todaystravel:20170709231111j:image

 

 

こちらの「サイウア」はチェンマイ式ソーセージだそうです。

野菜にソーセージを乗せて、パクチーを添えて食べます。

f:id:todaystravel:20170709231132j:image

 

チェンマイという文字を見つけただけで、反射的に注文してしまいました笑

 

 

締めは「ガパオライス」か「チャーハン」にしようかと思ったのですが、お腹の調子と相談し、「パッタイ」というタイ式焼きそばを注文しました。

とても優しい味の、それでいてエビの風味とコクがしっかり効いた美味しい焼きそばでした。

 

f:id:todaystravel:20170709231158j:image

 

 

せっかくタイ料理屋さんに来ているんですもん。

最後はやはり、チャイでタイの世界に包まれる。

もうここ、タイでしょう!

 

f:id:todaystravel:20170709231241j:image

 

パクチーをはじめ、香草やエスニックな香辛料、苦手な方はかなり苦手だと思いますが、幸い私は好き嫌いがありません。

母親に感謝です。

どこにでも旅に出れる気持ちと身体と味覚だけはあります。

(時間とお金はありませんが。。)

 

う〜ん、タイ料理を満喫して、タイを旅している気分になりました。

 

イムレェオ・クラッ!

(お腹いっぱいです!)

 

いつかは現地で食ってやるぜ〜!