今日という旅

毎日、毎日が幸せではない。でも幸せなことは毎日ある。

2016.11.4 鍋割山

初のリアル旅日記。
旅の中でも一番はまっているのが登山です。
 
私はコースタイムなどつけずに登ります。
何事も、ざっくりと楽しむタイプなんです笑
 
2016年11月4日、鍋焼きうどんを食べに、鍋割山に登ってきました。
 
鍋割山には過去にも登ったことがありますが、当時、まだ登山を趣味としてはおらず、登山の魅力に気づけなかった自分がいました。
記憶にあることといえば、ボランティアでペットボトルを運んだことや、一緒に行った仲間が途中で膝をやられて下山に苦労したこと、歩行時間が長かったこと、など。
 
登山を趣味としてからは、初の鍋割山です。
 
・・・
 
鍋割山へのアクセスはいくつかありますが、今回は小田急線「渋沢」駅からバスに乗り、大倉バス停へ。
 
f:id:todaystravel:20170710224255j:image
 どんぐりハウスからスタートです。
登山届を提出して、いざ出発。
 
初めは丹沢山塊を眺めながら、のどかな農村風景の中を歩き、登山道を目指します。
f:id:todaystravel:20170710224421j:image
f:id:todaystravel:20170710224448j:image
 
登山口付近には無人の野菜販売。
f:id:todaystravel:20170710224515j:image
 
登山口にはシカ防止のための柵があります。
f:id:todaystravel:20170710224548j:image
シカがこの道だけを選ぶわけでもあるまいし、意味あるんかいな…などと思いつつ先へ進みます。
 
f:id:todaystravel:20170710224748j:image
丹沢大山国定公園」のモニュメントがありました。
なかなかかっこいいです。
 
f:id:todaystravel:20170710224843j:image
しばらくは展望もなく、杉林が続きます。
 
 f:id:todaystravel:20170710224928j:image
時々視界が開けると、丹沢の美しい山々の姿。
 
f:id:todaystravel:20170710225008j:image
コケを専門に撮っているカメラマンがいるという話を聞いたことがあります。
確か写真も見たことがあります。
私も少し撮ってみました。
コケって、思ったよりも美しくておもしろいな、と少しだけ思いました。
 
f:id:todaystravel:20170710225126j:image
偉い人の銅像があります。
 
 f:id:todaystravel:20170710225219j:image
丹沢というだけあって、やはり水が豊富。
登り始めの間は水の流れる音を聞きながら歩きます。
 
f:id:todaystravel:20170710225242j:image
「二俣」に到着。
分岐になっています。
「鍋割山」方面へ。
 
f:id:todaystravel:20170711121508j:image
f:id:todaystravel:20170711121607j:image 
小川に橋がかかっています。
好きだなぁ、こういうの。
 
f:id:todaystravel:20170711121655j:image
f:id:todaystravel:20170711121702j:image
鍋割山登山の序盤は車も入れるような道をハイキング。
大したアップダウンもなく、展望こそありませんが、まあまあいろんな景色を楽しむことができます。
 
f:id:todaystravel:20170711121831j:image
f:id:todaystravel:20170711121837j:image
出ました、鍋割山名物のボランティア。
山荘で使う水を運ぶお手伝いです。
 
ひと休みの後、2リットルのペットボトルをザックに積んで、また出発。
気分は歩荷です。
ちなみに鍋割山荘のご主人は伝説的な歩荷だそうです。
 
ここから岩場などの本格的な山道となります。
 
f:id:todaystravel:20170711143018j:image
f:id:todaystravel:20170711143027j:image
f:id:todaystravel:20170711143033j:image
f:id:todaystravel:20170711143137j:image
f:id:todaystravel:20170711143148j:image 
変化に富んだ登山道で、飽きません。
 
f:id:todaystravel:20170711143153j:image
なんじゃこりゃ。
幹からダイレクトに葉っぱが生えています。
 
f:id:todaystravel:20170711143159j:image
紅葉が綺麗です。
 
f:id:todaystravel:20170711143205j:image
f:id:todaystravel:20170711143228j:image
 
そして!
 
f:id:todaystravel:20170723222158j:image
 
これが本日のベストショット!!!
友人に見せてみると、みんな「美しい!」と絶賛してくれました。
旅にはカメラですなぁ。
 
f:id:todaystravel:20170711143243j:image
写真を撮りながらゆるゆると登り、頂上へ到着。
 
f:id:todaystravel:20170711143246j:image
f:id:todaystravel:20170711143251j:image
名物「鍋焼きうどん」!!!
大きなカボチャの天ぷらが印象的。
疲れた体に、少し濃いめのつゆが沁みます。
く〜っ!うんまい!!
これだから登山はやめられません!!
 
頂上からの展望。
f:id:todaystravel:20170711143255j:image
f:id:todaystravel:20170711143300j:image
f:id:todaystravel:20170711143304j:image
富士山も少しだけ見えました。
 
山頂は開けていて、とても過ごしやすいです。
1時間ほどゆっくりとくつろいだ後に下山。
来た道を引き返しました。
 
下山では忍者のように速く歩く(駆けおりる!)山ガールや、山梨から来られたという登山経験豊かな男性と少しずつご一緒し、楽しく話しながらながら下山しました。
 
登山をする人に悪い人はいませんね。
 
f:id:todaystravel:20170711143323j:image
 
天気もよく、いい山旅でした。
 
今回の登山の目的は
「鍋焼きうどんを食べにいく」
でした。
そのためだけに往復8時間近くかけて、山を登る。
私だけでなく、そんな方がたくさんいたと思いますし、たぶんほとんど毎日いるでしょうね。
一杯の鍋焼きうどんにそんな価値を感じることができるって、素晴らしいことだと思います。
 ものの価値は、こんな風に、豊かに決まったりもするんですよね。
 
同じものでも価値は変わり、変えられる。
山と鍋焼きうどんに学びました笑