今日という旅

毎日、毎日が幸せではない。でも幸せなことは毎日ある。

2017.5.7 丹沢大山

そのお店で一度美味しいと思ったメニューを、ずっとリピートして食す。

 

そんな私は、同じ山に何度も登るのが、さほど苦ではありません。
知り尽くした安心感もありますし、新たな発見もあるものです。
同じ場所でも、自然は移ろい変わり、いろんな表情を見せてくれます。

数えてはいませんが、今までに何度も登った山ランキングをあげると、
 
第1位 金時山(10回くらい?)
第2位 丹沢大山(8回くらい?)
第3位 鍋割山、弘法山尾瀬、鋸山(2回)
 
あたりでしょうか。
 
 あとは1回ずつの山ばかりです。

 

(次の休日、ちょっと登ろうかな?)
という時はたいてい、丹沢の大山に登ります。
初心者にもオススメな、サクッと登れる、それでいておもしろくて景色もいい、本当に素晴らしい山です。


関東では高尾山の次にハイカーが多い山なんだそうです。
(ちなみに高尾山は登ったことありませんが)

 

さて、前置きが長くなりましたが、その丹沢大山にまた登ってきました。
何度も登った山なので、新鮮さのあまりない、ちょっと変な角度からの登山記になりそうですが。

 

・・・

 

小田急伊勢原」駅からバスに乗り、「大山ケーブル」駅に到着。

 自販機で水を買い込み、いざ出発。

 まずは出店や旅館、食堂などが建ち並ぶ、にぎやかな通りを進みます。

f:id:todaystravel:20170713215017j:image

 

大山名物の「猪鍋」や「大山豆腐」、「大山こま」などが売られているお店の間を通っていきます。

 

f:id:todaystravel:20170713215653j:image

天井を見上げると、カラフルな旗がたくさんなびいています。

 

f:id:todaystravel:20170713215744j:image

f:id:todaystravel:20170713215750j:image

歴史の古そうな家?旅館?の前に、立派な狛犬があったので、住人が出てこないかビクビクしながら、シャッターを素早く切ります。

 

f:id:todaystravel:20170713215913j:image

f:id:todaystravel:20170713215920j:image

f:id:todaystravel:20170713215928j:image

ケーブルカー駅までの道で、気になったものや風景をパシャリ。

 

ケーブルカーに乗らないのであれば、ここから「男坂」か「女坂」を選ぶことになります。

男坂は近道だけど急勾配、女坂は遠まわりだけど緩やか。

私はいつも男坂から登り、女坂で降ります。

 

f:id:todaystravel:20170713220141j:image

男坂はこんな急な石階段だらけの道で、なかなかハードです。

阿夫利神社下社から本格的な登山が始まりますが、どう考えても、この男坂が一番の難所です笑

 

ふうふう言いながら男坂を登り切ると、前半のゴールともいうべき、茶屋が2軒並んだ場所に出ます。

「お兄さん、お水どうぞ〜」

と、茶屋のお姉さんから嬉しい声がかかり、座ってひと休み。

冷たいお水がありがたいです。

ついついソフトクリームもいただいてしまいました。

f:id:todaystravel:20170713224323j:image

f:id:todaystravel:20170713220552j:image

かなりの種類が外出中や逃亡中でしたが。。

 

f:id:todaystravel:20170713220414j:image

f:id:todaystravel:20170713220429j:image

 茶屋から少し階段を登ると、最初の目的地である、阿夫利神社下社。

 なかなか立派な神社なんです。

 

f:id:todaystravel:20170713220824j:image

f:id:todaystravel:20170713220833j:image

f:id:todaystravel:20170713220918j:image

 

f:id:todaystravel:20170713220839j:image

f:id:todaystravel:20170713220931j:image

f:id:todaystravel:20170713220935j:image

f:id:todaystravel:20170713220940j:image

ここでも狛犬を撮ってみる。

 

下社の右脇には隠しダンジョンがあります。
ここにはドラゴンがいて、倒すとローラ姫を救出することができます(うそです。しかも古いです)。

f:id:todaystravel:20170713221041j:image

f:id:todaystravel:20170713221046j:image

大山名水という、飲み水にできる湧水を汲むことができます。

 

下社を右に見ながら歩くと登山口があります。

安全祈願のお札を購入し、 いざ出発。

かなり長くて急な階段を登ると、一気に登山らしい山道になります。

f:id:todaystravel:20170713221356j:image

f:id:todaystravel:20170713221401j:image

f:id:todaystravel:20170713221410j:image

 

登りと降りでは、やはり登りに登山の醍醐味があると思いますが、実際に登っている途中は大して書くことはありません笑

 

私は最近パーティーは組まず、単独登山を楽しみます。

自分の好きなペースで登り、好きな時に風景に足を止める。

好きに考えをめぐらし、静かに自分に向き合う。

 

それと好きな写真を好きなだけ撮る。

所有しているカメラはPENTAX Q7というカメラです。

旅カメラとして購入しましたが、小さくて軽くて、とても気に入っています。

人気はありますが、センサーサイズが小さいため、写りはあまり評判がよくありません。

でも本当に楽しいカメラだと思います。

こいつを買って、初めて写真の楽しさを覚えました。

少しずつ、腕を磨いていきたいです。

 

大山で撮った、未熟な写真をお楽しみください。

 

f:id:todaystravel:20170713221416j:image

f:id:todaystravel:20170713221421j:image

名物その1「夫婦杉」。

 

f:id:todaystravel:20170713221426j:image

f:id:todaystravel:20170713221431j:image

名物その2「牡丹岩」。

 

f:id:todaystravel:20170713221436j:image

f:id:todaystravel:20170713221439j:image

名物その3「天狗の鼻突き岩」。

 

f:id:todaystravel:20170713221443j:image

f:id:todaystravel:20170713221448j:image

f:id:todaystravel:20170713221451j:image

大山は登山道に、「◯丁目」というしるしが現れます。

頂上は28丁目です。

はっきり言って、男坂に比べると全然キツくないです笑

 

f:id:todaystravel:20170713221502j:image

f:id:todaystravel:20170713221505j:image

f:id:todaystravel:20170713221514j:image

頂上の小さな神社が、阿夫利神社本社だそうです。

下社の方がどう見ても立派ですね。

 

f:id:todaystravel:20170713221531j:image

山頂では慣例行事である、「袋ラーメン」を食します。

このために山に登っていると言っても過言ではないくらい、幸せな時間です。

やっぱり状況によって美味さは変わります。

ラーメンを食べていると、若いカップルが遠巻きに「美味しそうだね〜」とか言いながら、私についていろいろと話していましたが、どう反応していいかわからず、ちょっとこっぱずかしかったです笑

動物園の動物ってこんな感じなのかもしれません。

 

しばらく下界を眺めた後、下山開始。

この日は霧がかなり出て、少し不安になりましたが、下山を開始してすぐに、晴れてきました。

 

f:id:todaystravel:20170713221542j:image

ちょっと不思議なお地蔵さまや、

 

f:id:todaystravel:20170713221552j:image

たくましい根っこ、

 

などを眺めながら下山します。

 

阿夫利神社下社からは女坂を降ります。
途中、「女坂の七不思議」や大山寺などを楽しめます。

 

f:id:todaystravel:20170713221600j:image

f:id:todaystravel:20170713221604j:image

ここにもダンジョンがありました。

 

f:id:todaystravel:20170713221623j:image

弘法大師が掘ったという石像。

 

f:id:todaystravel:20170713221608j:image

大山寺。

なかなか立派な、古いお寺です。

 

f:id:todaystravel:20170713221611j:image

f:id:todaystravel:20170713221615j:image

f:id:todaystravel:20170713221618j:image

 

何度来ても飽きない丹沢大山。

江戸時代から庶民たちの信仰の山、娯楽の山として有名なんだそうです。

登る度に、心が洗われる気がします。

また来ます。